『マリアンカリテ』のご紹介

西アフリカに位置する国マリでとれたカリテ【フランス語でシアバターの意】のご紹介です。

○ シアバターって何?

原産地のアフリカにおいては、昔から火傷や筋肉痛、髪を含む全身の保護と、皮膚の万能薬として使われてきました。今もカカオバターに並び、お料理に使われています。

○ シアバターの効果

シアバターの主成分はステアリン酸とオイレン酸です。

ステアリン酸は人間のお肌の皮脂によく似た成分で、皮膚によくなじみ、抗酸化作用もあります。オイレン酸は皮膚への刺激の少ない油脂で、融点が低くよく浸透します。他の油脂と比べ、酸化しにくい特性もある成分です。

シアバターは常温では「バター」のように固形ですが、皮膚に塗ると体温で溶け、ゆっくりと吸収されていきます。またお肌の体温で溶けてゆくため、それほどべたつかないのもシアバターの効果・特徴です。そのためシアバターはスキンケアとして塗ってからも長時間、乾燥を防ぎ肌を保護する効果が続きます。

また、シアバターには天然の紫外線防止成分(ケイ皮酸化合物)が含まれています。

アフリカの強い日差しから肌を保護するため、古くからこの効果が利用されてきました。

シアバターに含まれる紫外線防止成分は、UV-B吸収成分として、日焼け止めによく配合されています。ちょっとした外出や化粧下地に使ってファンデーションのUVケア効果をアップさせるなど、スキンケアと紫外線対策が同時に出来て便利です。

○ マリアンカリテの特徴

他のシアバター製品ではヘキサンなどの溶剤で抽出・精白されたものがあります。

『マリアンカリテ』のシアバターは、原料の恵みをそのまま生かし、完全手作業で未精製なため、お肌に有益なビタミンや栄養がたっぷりと入っています。マリアンカリテはフェアトレード製品です。現地NGOマリフォルケセンターの協力で生まれました。

○ 使い方 

お化粧水でお顔に水分を与えた後、マリアンカリテを爪の先ほどの少量を手のひらで溶かし、お顔をラップするように包み込むようにつけます。日焼け止めとして、ナイトクリームとして

髪や頭皮の栄養剤として・・・指先3本くらいにシアバターをつけこすり合わせ溶かし、シャンプー後の頭皮にマッサージするようにつけてください。

ヘアワックスとして・・・適量を手にとり、髪先にねじ込むようにつけると遊びが出てきます。

『マリアンカリテ』ができるまでも、ご覧になってください

『マリアンカリテ』のご紹介」への1件のフィードバック

  1. WordPress コメントの投稿者 さんの発言:

    こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。